プレミアムフライデー制度もストレスチェック制度も「強制」は逆効果


 
本日2月24日から「プレミアムフライデー」制度が始まりました。「月末の金曜日に、いつもより少し豊な時間を」という趣旨で官民連携で進められてきました。大手企業や官庁などでは12時〜15時くらいに退社するよう促しているとのこと。この「プレミアムフライデー」制度に関しては様々な意見が出ていますが、僕の知る限り概ね「意味ない制度」というような論調が多いような気がしています。

 

プレミアムフライデーとは?

前述の通り「月末の金曜日に、いつもより少し豊な時間を」という趣旨によって始まったプレミアムフライデー制度。法令義務ではないので、あくまで各企業の判断によって実施されるか否かが決まります。普通にプレミアムフライデーだからと15時などに帰ってしまうのは、就業規則的には「早退」になってしまうので、有給を使うなどの対策が必要となります。いわば「強制的に有給を消化させる制度」のような感じもします。
 
有給消化率に関しても各社まちまちでしょうし、有給休暇は社員の権利ですので使えばいいとは思いますが、決まった日に半強制で使わされるのは少し違和感が。そして月末の金曜日という比較的忙しいタイミングで「早く帰ろう!」と言われても…というのが社員の本音のような気がします。

 

重過労働が批判される昨今ではあるが…

「重過労働によるストレス」が原因と診断されてメンタルの調子を崩す人が増えているようで、その流れで「ストレスチェック制度の義務化」なども始まったわけで、「プレミアムフライデー」制度も目的は似たようなものだと思います。長時間働くことがストレスの直接的な原因の人には一定の効果はあるかもしれませんが、「早く帰りたくても帰れない」というストレスを誘発しそうですし、早く帰ることで、翌月曜日以降の業務へしわ寄せがありそうで、「それだったら金曜日も普通に働いた方が結果的にプレミアムだわ」という風になりそう。
 
そして「長時間労働がストレスの要因」と診断されている人の多くは実際のストレスの原因はそこではなく、他の部分にあるようにも思えてなりません。某大手広告代理店での事件では実際の判断も世論も「長時間労働」「重過労働」が原因という論調ですが、問題の本質はそこではなく、上司によるパワハラの影響の方が大きいような気が個人的にはしています。なんでもかんでも「長時間労働が悪」というのは何か間違ってるような気がしています。

 

制度を作るよりも日頃の環境や考え方を変えないとストレスは軽減しない

「制度」になると「強制」感が出てしまいます。それによってよりストレスがかかってしまいます。ストレスチェック制度の義務化においても「受験は任意」となっています。ですのでプレミアムフライデーも強制にしてはいけないのかなと思いますが、強制にしないと早く帰りにくい。現状においてプレミアムフライデー制度が根付くとは思えないのですが、何らかの調整で本来の意図である「豊な時間」を従業員が得ることができればいいですね。もっとも仕事で「豊かな時間」を感じることができればいいのかもしれませんが。
 


[記事公開日]2017/02/24
[最終更新日]2017/03/04