2015年12月より施行となったストレスチェック制度。今回「義務化」されたストレスチェック制度とは、従業員50人以上の会社において、年に一回ストレスチェックを実施することが義務化されたことを指します。
 
義務化されたとは言え、企業が実施しなければならない「ストレスチェック」とはどのようなものなのでしょうか?
 
まず始めに「ストレスに関するアンケート」に対して従業員が回答します。そしてそのアンケート結果を集計、分析し、本人に結果を通知します。その結果を受けて本人が医師による面談を会社側に申し出て、医師が面談指導する。またアンケート結果をマクロ的に分析し、職場の改善に繋げる。ざっくり言うとこのような流れになります。
 
ストレスチェック制度の流れ
 
今回の「義務化」において企業がしなければいけないことは「ストレスに関するアンケート」を従業員に対してアナウンスし、回答を依頼するところまでが「義務化」されました。アンケートの実施義務が今回企業側に課せられた義務なのです。ですので、従業員がアンケートに回答しようがしまいが関係ありません。
 
昨今様々な企業でストレスによる問題が表面化し、社会的に大きな問題となっています。それらの動向を受けての「ストレスチェック義務化」ですが、企業側も従業員側も適切にチェックを活かさないと全く機能しない制度になってしまう恐れがあるばかりか、逆にマッチポンプになる可能性も含んでいるように思えてなりません。
 
企業におけるストレス、適切なストレスチェックとはどういうものか?また効果的な改善案とは?などストレスチェック制度義務化に関する様々な問題をいろいろな側面から考えていければと思います。

 
【連載】創業からの各フェーズにおける「社内ストレス」〜ストレスチェックはベンチャーこそ重要
1.創業間もないスタートアップ、ベンチャーで起きがちな社内ストレス
2.会社が成長し、10人規模に拡大した頃の話